京都市東山区清水寺近くの鍼灸治療専門。肩凝り、腰痛、五十肩などはもちろん。ムチ打ちやゴルフ肘の治療も。女性・子どもも多く来院。

田島鍼灸院

患者さんの声

1/9は風邪の日ですって。嫌な日ですね~_~;。



風邪をひくと漢方薬や風邪薬を飲んだ事があるかと思います。そんな薬の箱を見ると「感冒(かんぼう)」と言う文字を見た事ありませんかぁ?

感冒とは何でしょうかぁ?

...

感冒とはクシャミ、鼻水、咳、体の倦怠感などの呼吸器症状の事を言います。

また「普通感冒」とは、いわゆる風邪の事を言い、「流行性感冒」はインフルエンザの事を言ったりします。

さて、この感冒に効くとされる我ら鍼灸からアプローチできるツボはあるのでしょうかぁ?

あるんですね(^_^)。それは手のひらにある「感冒点」と言うツボ。

皆さんも感冒を感じたらこじれないうちに感冒点を押してやると良いかもしれませんよ(-_^)。

他、昨日に紹介した大椎や定喘も風邪に使ったりしますね。

鍼灸ってワンダフルでエクセレントやね(-_^)。

今日は大雪



平野部でも降雪がある頃を大雪と言いますが、京都市内はそんな気配は一切ないです!

でも週末から寒くなるみたい。

大人も子供も風邪が多いですね。ゾクッきたら大椎に、ゴホンときたら定喘に温灸してみてはいかがでしょうかぁ(^_^)。鍼灸で風邪知らずにしましょう!

さて、昼からは緊張の瞬間が待ってます。。。




なかなか逆子が返らなくて困ってるお母さんが来院してくれます。逆子が横子になり変化はあるにはあるんですが。。。どうか返ってますように!!!

100%返してる僕、何とかしてあげないと。

...

写真は「至陰(しいん)」と言うツボに灸を置いた写真です。返ってなかったら自宅でも温灸してもらおうかなぁ〜。

1/7日は松の内、七草粥を食べる日



正月飾りを取り、七草粥を食べて無病息災を願う日です。

七草粥は正月の毒消しといった意味合いもあるそうな。確かに七草粥を食べると体に染み渡る感じがします。

...

鍼灸にも体の毒消しみたいな作用をする鍼方があります!それは刺絡(しらく)。これは三稜鍼(さんりょうしん)といって体の瘀血を取り去るもの。これをする事で肩こりはもちろん体がスッキリしちゃいます(^_^)。即効性があって様々な痛みなんかに効果を発揮します!

今日は小寒。寒さも厳しくなる頃なんだそうです



また小寒はクリスマス、忘年会、正月と胃腸に負担がかかって胃もたれなどが出てくる頃じゃないでしょうかぁ!?この頃、旬を迎え、食べるべきものが 七草粥で食べる七草と言われてます。

・せり...
・なずな
・ごぎょう(ははこぐさ)
・はこべら(はこべ)
・ほとけのざ(こおにたびらこ)
・すずな(かぶ)
・すずしろ(だいこん)

これらが七草で解毒作用があるのでしょうね。

鍼灸では 胃の六灸と言い、隔兪、肝兪、脾兪に灸を据えて胃の働きを助けてやるのが良いかもしれないですね(-_^)


| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 |

ページトップに戻る

ご予約・お問い合わせ 075-561-8669(予約優先制)