京都市東山区清水寺近くの鍼灸治療専門。肩凝り、腰痛、五十肩などはもちろん。ムチ打ちやゴルフ肘の治療も。女性・子どもも多く来院。

田島鍼灸院

患者さんの声

第24回日本刺絡学会学術大会テーマ「刺絡の科学的解明を目指して」



会場:タワーホール船堀(東京)小ホール
日程:平成27年6月28日 9時半〜
会頭:上馬塲和夫(平成帝京大学ヒューマンケア学部教授)
実行委員長:小池栄治(日本刺絡学会理事)

...

概要:刺絡による身体内の血液の凝固能・血圧・自律神経系の変化、
椎骨静脈叢・脳の循環系・脳脊髄静脈系などについて、現代医学的な視点での
刺絡の有効性を考察いたします。

主要講演
会頭講演 上馬塲和夫先生(帝京平成大学教授)「刺絡による凝固系や循環系の変化」
特別講演 西田皓一先生(西田順天堂内科)「頭部と後頭部への刺絡の臨床効果」
教育講演 今西宣晶先生(慶応大学医学部解剖学准教授)「静脈系の解剖生理学について」
指定講演 安井広迪先生(安井医院院長)

と、この学会に所属していて臨床でも「刺絡」をたくさんしてますが、会場が東京。。。遠いな〜。。。

そんな刺絡は肩こりだけじゃなく、ヘバーデン結節、打撲、高血圧などに即効性を発揮してくれる東洋医学ならではの治療方なんです。

前泊して東京の下町の酒場に飲みに行くだけになりそうやし、止めとこか、参加しようか。。。考えてます。

今日、最年少の患者さん。息子です。



嫁さんの治療中にこっそりと小児鍼をしました(^_-)-☆。

小児鍼の後は凄くご機嫌さんやったね!!小児鍼で免疫あげあげでスクスク育てね(^^♪。だいぶ首が持ち上がるようになったね!

鍼の違い



鍼の違い。写真は注射の針(左)と、我々鍼灸師が普段使用する「豪鍼(ごうしん)」の鍼先です。
注射の針は先がメスになり、竹槍のようになっています。これは刺すと確実に痛いです。出血もします。

一方、鍼灸の鍼は先が鋭利になってはいますが、よ〜く見ると先が丸くなっていて、刺しても痛くなく、出血はしません。それは皮膚や筋肉の組織を押し分けて入っていくからです。

...

以外と鍼をはじめて受ける人はこのような事を知らないようです。もちろんディスポで安心。腰痛などでお困り方は是非、鍼灸治療を受けてみて下さい(^_-)-☆。

鍼喰い



毎日、臨床しているといろんな症状の人、打つ鍼の数が多い人、少ない人…。といろいろ。僕や僕の嫁さんは「鍼喰い」という人種です。
「鍼喰い」とは、僕らの業界用語で、鍼の本数が多い人、鍼が響かないと嫌な人の事。
響くのが苦手な人や、鍼喰いな人、一体全体同じ人間やのにどこがどう違うんやろ!?これだけは何年鍼灸師してても分からんなぁ〜。。。これも鍼灸の不思議かなぁ!?

今日の仕事は昼まで。帰ってビールでプハッとしよう。考えても分からん!!

産後ケア



今日は自宅の4件隣でお友達のママさんが産後2か月と少しで久しぶりに来院して下さいました(^^)。日頃からお世話になりありがとうございます。
育児の疲れや腰が痛いのかなぁ〜!?と思い様子を聞くと「最近、便が緩い」とのこと。
産後の下痢や便が緩いって事はよく聞きます!簡単に原因だけでも紹介します!
まずは自律神経の乱れ。
産後は慣れない育児で睡眠不足となり、ストレスも溜まるため、自律神経が乱れがちになってしまいます。そのため、下痢や便秘といった排便のトラブルが起こりやすくなってしまいます。
次に骨盤底筋の緩み。
骨盤底筋とは、膀胱や尿道、子宮、直腸など多くの臓器を支えている筋肉で、お産で骨盤底筋が緩むと下痢や尿漏れを引き起こしてしまいます。骨盤底筋を鍛える体操を日常的に行うことで、骨盤底筋の回復でき排尿や排便が通常通りになっていきます。
後は水分の取り過ぎや冷えが原因ってことも考えられます。
彼女の場合は上にお姉ちゃんもいるから育児による疲れだったかもしれません。寝つきにくい日もあったようなので自律神経の乱れかなぁ!?
我が家2人子供を育ててますが、お互い育児を頑張りましょう(^^)/。鍼灸で元気になられますように!
今日は触診したところお腹が冷たい感じがしたので、腹部と腰に灸頭鍼を重点的にさせて頂きました(^_-)-☆。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 |

ページトップに戻る

ご予約・お問い合わせ 075-561-8669(予約優先制)